「考える力」が弱まっている今

スマートフォンが急激に普及した2016年現在、スマホ世代である子供達の考える力が段々と弱まってきています。

学校で出された宿題をはじめ試験勉強等でもスマートフォンでキーワード検索すると関連する項目がすぐに出てきます。

その為、子供が自ら考えるという思考能力が低下しているのです。

自分で考えるという力を身に付けなければ社会に出てからが大変になる為、スマホ世代と言われている現代の子供達には、出来るだけスマートフォンを使わないように指導する事が求められています。

特に独学で勉強する際には、どうしても手軽に調べられるスマートフォンを使ってしまいます。

これは、大人でも同じ現象が起きているのですが、考える力が無いと物事を解決出来ません。

便利で役に立つスマートフォンですが、子供には考える力を身に付けさせる為に使用時間を設ける等の工夫が必要となっています。

これから生まれてくる子供達は、スマホ世代となりますが親達の指導方針が重要となります。

「考える力」が弱まっている今

スマホがないと生きていけない世代

便利になったからこそ失う能力