スマホがないと生きていけない世代

最近の若い世代はスマホがないと生きていけない世代、つまりスマホ世代だといえます。

このような世代の子供たちはスマホを肌身離さずもっていて、総称してスマホチルドレンだといわれます。

ですからスマホを単に仕事の道具としてのみ扱う大人の非スマホ世代は、スマホ世代に対して不快感を持ち、スマホチルドレンであることを嫌います。

しかし、この情報化社会でスマホチルドレンが生まれたのは、極めて必然であり、また急成長しすぎた情報化社会の中で生まれたスマホチルドレンは、被害者でもあるのです。

情報化社会の急成長により、SNSというものがつくれられました。ここで新しいネットワークが形作られたのです。

ネットワークは常に人間関係を構築します。

つまりそのネットワークから排除されたものは人間関係を構築できないのです。

人間関係を構築できないとそれは、いじめなどに発展します。

つまり現代の子ども達は自分が他者からいじめられないためにスマホチルドレンにならざるを得ないのです。

「考える力」が弱まっている今

スマホがないと生きていけない世代

便利になったからこそ失う能力